スタディサプリ

一人ひとりの弱点を
細かく可視化し、
生徒の学習時間の
質を上げる。

年間194万人(2020年度)が有料会員として利用するスタディサプリ。
全国の学校約2,000校以上(2021年4月時点)に導入されてきましたが、
生徒たちの学びの基盤を支えているのは塾も同じです。

塾の現場からは、多忙さや講師不足も重なり、
一人ひとりに合わせた指導がなかなかできず、
成績が思うように伸びないという悩みをお聞きしてきました。

だからこそ今、全ての機能を圧倒的低価格でご提供し、
一人ひとりの弱点に合わせた指導に伴走することで、
塾・予備校の皆様とともに、生徒の学習時間の質向上を目指します。

塾・予備校の皆様からお聞きする現場の課題

スタディサプリでできること

01細かな弱点把握 02学習状況の可視化 03弱点克服の武器提供01細かな弱点把握 02学習状況の可視化 03弱点克服の武器提供

各塾の状況に合わせて活用できるその他機能

  • シラバス(講義動画一覧)

    生徒の学力や目標に合わせて動画を一覧化。各塾の現場で活用しやすいツールを各種用意しています。
    ※高校生のみ対象です。

  • チャプター一覧

    各講義動画内のチャプターまで一覧化。生徒の弱点に対してどの動画を活用すべきかが一目でわかります。
    ※一部講座でのみ提供

  • 学習進捗可視化

    管理システム上で生徒の学習進捗がグラフで可視化されるため、フォローが必要な生徒の把握が簡単にできます。

  • タイムライン

    各生徒の直近のアクションが管理システム上に自動で表示されるため、生徒の取り組み状況がすぐに把握できます。

  • アンケート機能

    生徒の声を集めるアンケート作業を簡易化。業務改善や生徒との面談に活用することが可能です。

  • コミュニケーション機能

    管理システム上で生徒と直接やり取りすることが可能。欠席連絡など業務軽減にも活用できます。


※機能・サービス内容は予定であり、
一部変更になる可能性があります。

スタディサプリと他社の違い

スタディサプリと他社の違い

Q&A